最近の犬種と手術事情

 最近手術をする機会が増えてる膝蓋骨脱臼。先方の病院で手術することもあれば、ご紹介をいただくこともあり、研修医時代に修行した病院で勉強したことがここに来て役に立ってます。ご存じの方も多いと思いますが、膝蓋骨脱臼はチワワやポメラニアンなどのトイ種に多く見られる整形疾患です。先天的に脱臼する傾向にあるものもあれば、何らかの外傷によって脱臼を起こしてしまったものもあります。写真はご紹介いただいた先天性脱臼を起こしていたトイ・プードルの術前写真です。体重が軽かったため何となく歩けていたようでしたが、足を挙上することが増えてきたため飼い主様も手術を決断されたようでした。

 こちらが術後の写真になります。写真左側の脱臼を手術によって整復いたしました。手術方法は1つの術式で行えるものもあれば、何個かの術式を組み合わせて行わなければ整復できない症例もあります。先日もトンネルリセッションという私の師匠である永岡勝好先生が考案された最新の術式で手術を行う機会に恵まれました。膝蓋骨脱臼を整復する手技は難しい手術ではありますが非常にやりがいのある手術です。これからも優れた手技や知識を吸収し、手術にフィードバックしたいと思っております。

normal

Posted by nomata


PAGE TOP